fBPAz[앟ɂ‚

V
V

明楽会LINEのお知らせ

くまクリニック/メディケアホーム南福岡ではLINEを利用しています。
日常的な問い合わせ窓口として、非常時の連絡手段として活用していきます。
採用関係のお問い合わせもLINEで可能です。ぜひご利用下さい。

明楽会LINEへのアクセスはこちら(モバイル端末のみ)



医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡 です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。
お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

LINE Instagram Facebook

【併設診療所】感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、併設のくまクリニックでは感染対策を強化しています。
■ 入院患者様への面会はご遠慮ください
■ 入館時にはマスクの着用をお願いいたします
■ 入館時の体温測定と手指消毒をお願いいたします
■ 外来受付については予約制とさせていただきます
  ※透析外来受付については通常通りです。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。



〒812-0879
福岡県福岡市博多区銀天町2-2-3
医療法人明楽会 くまクリニック
電話
092-575-3112
ファックス
092-575-3116

サービス付き高齢者向け住宅(有料老人ホームに該当):
メディケアホーム南福岡の情報はこちらをクリックして下さい


LINE Instagram Facebook

春の防災訓練実施2021


2021年4月23(金)、春の防災訓練を実施いたしました。
感染症対策と並行しての訓練でしたが、入居者様も含め多くのご参加をいただきました。
消火器訓練では久しぶりに消火器を触りました!これで万が一の場合も焦らずに対応できます。




医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡 です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。
お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

LINE Instagram Facebook

併設診療所・電話再診での処方について

当院に定期通院をされている方で、受診の時期ではあるけれども新型コロナウィルスに感染する機会が増える事を心配され、医療機関受診を控えておられる方も多いことと思います。当院では、ご来院いただく事なくお電話での診察(電話再診)で処方箋を発行することが可能です。 ※1 電話再診は、新型コロナウイルス対策の臨時的な特例措置であることをご理解ください。 ※2 薬剤によっては電話再診では処方できないものがございます。 ※3 電話等再診の場合、電話再診料・処方箋料・明細書発行加算・時間外対応加算など、疾患により特定疾患療養管理料などがかかります。 ※4 必ず電話を介しての医師の診察が必要になります。症状が安定していない場合など医師が判断した際は、対面での診察をお願いする事があります。 


〒812-0879
福岡県福岡市博多区銀天町2-2-3
医療法人明楽会 くまクリニック
電話
092-575-3112
ファックス
092-575-3116

サービス付き高齢者向け住宅(有料老人ホームに該当):
メディケアホーム南福岡の情報はこちらをクリックして下さい


LINE Instagram Facebook

<透析食シリーズ>4月 「水分」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2021年4月19・20日

テーマ:水分




4月の透析食講座は「水分」についてお話をさせて頂きました。





透析患者様は腎機能低下によって尿量が減少するため、水分が体内に貯留してしまいます。体内に貯留した水分が体重に反映され、透析時にドライウェイト(透析時基本体重)まで水分を除きます。体重が増加しすぎると血圧の上昇や心臓へ負担がかかり、心不全などさまざまな症状が現れます。そのようにならないためにも厳格な水分制限を行わなければなりません。




水分増加の原因は「塩分」です。
体の中の塩分の割合は一定に保たれているので、塩分を8gとると1Lの水が体に溜まります。塩分をたくさんとると体の中の塩分が濃くなり、のどの渇きが強くなります。そうして塩分が水を呼び、体重が増加します。
塩分は食事だけでなく間食にも多く含まれており、食べている最中はのどが渇かなくても、数分、数時間後にのどが渇き、「今日くらい飲んでもいいよね」と、気持ちが緩み飲んでしまうことで結果的に体重増加へとつながってしまいます。濃い味のものやお菓子はほどほどにし、体重計にのる習慣をつけ、水分管理をきちんと行うようにする必要があります。
また、塩分は1日6g未満とし、水分は1日500~600mlで済ませるよう心がけてもらっています。




体重管理=水分管理なので、透析日までの中1日または中2日、体重増加の上限がどの程度までなら良いのか知っておく必要があります。中1日の場合3%以内、中2日の場合は5%以内に抑える必要があります。






これから夏に向けて、塩分や水分、味の濃い多い食品が増えてきます。その分体重増加に大きく影響してくるため、透析患者様は摂取しすぎないよう心がけなければなりません。







 

 

≪展示食≫



●ピースご飯 ●鶏のケチャップあん

●茄子の生姜ダレ ●卵スープ ●果物


 

★ピースご飯★


<材料>(2人分)
・米           150g
・グリンピース       30g
・食塩       ひとつまみ
・かつお・昆布だし    100g


<作り方>
① 米を研ぎ、炊飯器に入れたら塩と出汁を入れ、メモリまで水を加炊く。
② グリンピースは茹でこぼしておく。
③ ご飯が炊けたら②を入れ混ぜ合わせる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:270kcal
たんぱく質:5.2g
カリウム :127mg
リン:70mg
食塩 :0.4g
水分:150.4g















 

★鶏のケチャップあん★


<材料>(2人分)
・鶏むね肉        120g
・塩           0.2g
・てんぷら粉        14g
・油         大さじ1弱
・根深ねぎ         10g
・ケチャップ       小さじ4
・濃口醤油        小さじ2/3
・酒         小さじ2/3
・みりん       小さじ2/3
・穀物酢      小さじ1と1/2
・砂糖         小さじ2
・ごま油        小さじ1


<作り方>
① 鶏むね肉は縦2等分にして、1㎝厚さにそぎ切りにする。
② ①の鶏肉は水溶きてんぷら粉をくぐらせ、熱した油でからりと揚げておく。
③ 赤・黄ピーマンは乱切りにして、色よく茹でる。
④ フライパンにごま油をなじませ、みじん切りした根深ねぎを炒める。
⑤ ➂に調味料を加えて煮たて、②の鶏をからめ、➂のピーマンを散らす。
⑥ 器にレタスを敷き、⑤を彩りよく盛り付ける。




【1人分の栄養価】


エネルギー:218kcal
たんぱく質:14.1g
カリウム :332mg
リン:133mg
食塩:0.8g
水分 :81.3g















 

★茄子の生姜だれ★


<材料>(2人分)
・茄子          80g
・濃口醤油     小さじ1弱
・みりん      小さじ2/3
・生姜(おろし)      4g
・かつお節        0.2g


<作り方>
① 茄子は粗々皮を除き、縦半分にして茹でておく。
② ①の茄子は冷まし、3~4cm長さの拍子切りにし、器に盛りつける。
③ 調味料を合わせた生姜だれを②の茄子にかけ、かつお節を散らす。




【1人分の栄養価】


エネルギー:13kcal
たんぱく質:0.7g
カリウム :86mg
リン:16mg
食塩:0.4g
水分 :41.6g















 

★卵スープ★


<材料>(2人分)
・かにかま 10g
・玉ねぎ         40g
・油          小さじ1
・薄口醤油        小さじ1
・酒          小さじ2/3
・かつお・昆布だし    100g
・片栗粉        小さじ1強
・卵            2/3個
・小葱           4g


<作り方>
① かにかまは裂き、玉ねぎは粗めの千切りにして茹でこぼしておく。
② 鍋に油をしき、玉ねぎを軽く炒めたら出汁、醤油、酒を加える。
③ 温まったら①のかにかまを加え、沸騰したら溶いた卵を入れる。
④ 沸騰しているところに水溶き片栗粉を入れとろみをつける。
⑤ 火を止めたら小さく切った小ねぎを散らす。
⑥ 器に注ぐ。




【1人分の栄養価】


エネルギー:73kcal
たんぱく質:3.7g
カリウム :105mg
リン:56mg
食塩:0.8g
水分 :93.0g











 






<1食の合計>


エネルギー:574kcal
たんぱく質:23.7g
カリウム :650mg
リン :275mg
食塩 :2.4g
水分 :366.3g


 
  


春といえばピースご飯!
味付きのごはんなので、少し塩分が多めになっています。
朝・夕の食事を調整しながら塩分コントロールを行いましょう。
こちらの献立を参考にぜひ一度、献立を参考に作ってみてください★

  管理栄養士 川井康子・島松千智


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

介護職員募集のお知らせ

★★★ 採用情報はこちらをご確認ください ★★★
まずはLINEやお電話にて、お気軽にご連絡ください。

医療法人明楽会では介護職員を募集しています。
下記の他、様々なご希望に柔軟に対応いたします。

・夜勤は出来ないけどフルタイムで働きたい
・積極的に夜勤に入りたい、夜勤だけしたい
・短時間勤務や週2回程度のパートから始めたい
・医療現場の近くで専門知識を身につけたい
・早出だけ、遅出だけで勤務したい

配属は訪問介護、デイケア、クリニック看護助手の3つの部門からご選択可能。
ご入職後もご希望に応じ、他部署への転属も可能です。

■法人のコンセプトは「明るく楽しく良い医療介護」。患者様・利用者様とスタッフが一緒になり、皆さんの「私らしい生き方」をサポートしていきます。
■西鉄雑餉隈駅とJR南福岡駅のほぼ中間に位置し、徒歩圏内にあるため患者様・スタッフに大変便利と喜んでいただいています。賑やかな商店街など、活気あふれる街の中にあります。
■「くまクリニック」は透析医療を専門に行っているほか、内科・外科など12の診療科目があり、柔軟な診療が可能です。併設の有料老人ホーム「メディケアホーム南福岡」にはケアプランを作成する居宅介護支援事業所・訪問介護事業所・通所リハビリのデイケアを備え、ご入居者様にも大変ご好評いただいております。
■スタッフは20代から70代まで幅広く在籍中。気の合う仲間や人生の大先輩など、様々な出会いがあります。法人全体で100名程度の、のんびりした雰囲気の職場です。

★★★ 採用情報はこちらをご確認ください ★★★
まずはLINEやお電話にて、お気軽にご連絡ください。 お会いできる日を楽しみにお待ち申し上げます。


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡 です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。
お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

LINE Instagram Facebook

明楽会LINEのお知らせ

くまクリニック/メディケアホーム南福岡ではLINEを利用しています。
日常的な問い合わせ窓口として、非常時の連絡手段として活用していきます。
採用関係のお問い合わせもLINEで可能です。ぜひご利用下さい。

明楽会LINEへのアクセスはこちら(モバイル端末のみ)



医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡 です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。
お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

LINE Instagram Facebook

【併設診療所】感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、併設のくまクリニックでは感染対策を強化しています。
■ 入院患者様への面会はご遠慮ください
■ 入館時にはマスクの着用をお願いいたします
■ 入館時の体温測定と手指消毒をお願いいたします
■ 外来受付については予約制とさせていただきます
  ※透析外来受付については通常通りです。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。



〒812-0879
福岡県福岡市博多区銀天町2-2-3
医療法人明楽会 くまクリニック
電話
092-575-3112
ファックス
092-575-3116

サービス付き高齢者向け住宅(有料老人ホームに該当):
メディケアホーム南福岡の情報はこちらをクリックして下さい


LINE Instagram Facebook

処遇改善の取り組み

介護職員処遇改善加算について

■介護職員処遇改善加算の取得状況
全施設にて、介護職員処遇改善加算Iを取得しています。


■介護職員等特定処遇改善加算の取得状況
介護職員等特定処遇改善加算IIを取得しています。

■処遇改善に関する具体的な取組内容
資質の向上
・働きながら資格取得を目指す者に対する実務者研修受講支援
・内外の研修会参加推進とその費用の補助
労働環境・処遇の改善
・介護職員の負担軽減のための余裕のある人員体制の確保
・法人内医療部門との連携による夜間業務の不安低減
その他
非正規職員から正規職員への転換



医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡 です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。
お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

LINE Instagram Facebook

併設診療所・電話再診での処方について

当院に定期通院をされている方で、受診の時期ではあるけれども新型コロナウィルスに感染する機会が増える事を心配され、医療機関受診を控えておられる方も多いことと思います。当院では、ご来院いただく事なくお電話での診察(電話再診)で処方箋を発行することが可能です。 ※1 電話再診は、新型コロナウイルス対策の臨時的な特例措置であることをご理解ください。 ※2 薬剤によっては電話再診では処方できないものがございます。 ※3 電話等再診の場合、電話再診料・処方箋料・明細書発行加算・時間外対応加算など、疾患により特定疾患療養管理料などがかかります。 ※4 必ず電話を介しての医師の診察が必要になります。症状が安定していない場合など医師が判断した際は、対面での診察をお願いする事があります。 


〒812-0879
福岡県福岡市博多区銀天町2-2-3
医療法人明楽会 くまクリニック
電話
092-575-3112
ファックス
092-575-3116

サービス付き高齢者向け住宅(有料老人ホームに該当):
メディケアホーム南福岡の情報はこちらをクリックして下さい


LINE Instagram Facebook