メディケアホーム南福岡について

新着情報
新着情報

カテゴリー別アーカイブ: ブログ

<透析食シリーズ>10月 「ビタミン(水溶性)」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年10月18・19日

テーマ:ビタミン




10月の透析食講座は「ビタミン」についてお話をさせて頂きました。





私たちに必要な栄養素は「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」のほかに「ビタミン」「ミネラル」を含む5大栄養素と言われています。
そのなかでもビタミンは3大栄養素の代謝を助ける潤滑油のような働きをしています。体内ではほとんど作られないため、私たちは野菜や肉、魚、卵などのたんぱく質などに多く含まれている食事から必要なビタミンを摂取し補っています。透析患者さんは食事制限や管理が必要であるためビタミンの中でも不足しやすいもの、また摂取過剰になりやすいものなどがあります。



ビタミンは13種類あり、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2つに分けられます。
今回はその中でも水溶性ビタミンについてのお話をさせていただきました。

水溶性ビタミンは水に溶けやすく熱に弱いという性質を持っています。
透析患者さんは食事管理の一環で食材の茹でこぼしや水さらしなどの下処理を行い、カリウム除去を行いますが、この時に水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)も一緒に失われてしまいます。
また、透析治療によっても水溶性ビタミンは除去されるため、ビタミンのなかでも水溶性ビタミンの不足がみられます。(※脂溶性ビタミンは透析治療では除去されないものがある。)

このようなことから、水溶性ビタミンを補った方がよいのでは?と思われる透析患者さんも多いのではないかと思います。透析患者さんはビタミンB群が不足しがちですが、複数の薬を服用している透析患者さんが多く、透析患者さん一人ひとりの状態は異なるため、健常者用のサプリメントがすべての透析患者さんに良い結果を与えるとは限りません。
水溶性の中でもビタミンCはとり過ぎるとかえって体に悪影響を及ぼす場合もあります。透析患者さんのサプリメント摂取は積極的に勧められるものではありません。
食事でカリウム摂取の量を抑えつつ、ビタミンを摂取していくことが大切です。
サプリメントの摂取については、主治医や管理栄養士に相談しましょう。

今回はビタミンの推奨量とそのビタミンがどの食品に多く含まれているかをお伝えしました。












 

 

≪展示食≫



●ご飯 ●レンコンつくね

●きのこ和え ●揚げ出し豆腐 ●巨峰


★レンコンつくね★


<材料>(2人分)
●材料(2人分)
・鶏ひき肉         40g
・豚ひき肉         40g
・れんこん         60g
・根深ねぎ         20g
A・卵           10g
A・片栗粉          4g
A・濃口醤油         4g
A・酒            4g
A・みりん          2g
A・パン粉         10g
・油            10g
B・濃口醬油        10g
B・酒            4g
B・みりん          4g
B・砂糖           4g
B・鰹・昆布だし      30g
・南瓜           40g
・小松菜          40g
C・濃口醬油         2g
C・みりん          2g
C・酒            4g
C・鰹・昆布だし      10g


<作り方>
① レンコンを茹でやすい大きさに切り、やわらかくなるまでゆで、柔らかくなったら茹でこぼす。
② 根深ねぎはみじん切りにし、湯でこぼす。
③南瓜は食べやすい大きさに切り、小松菜は2cm程の大きさに切り、それぞれゆがく。
③ ボウルの中に材料とAをいれる。良くこね、食べやすい大きさに形成し油を引いたフライパンにいれ焦げ目がつくまで焼く。
④ 小松菜にCを入れ、和える。
⑤ 皿に出来上がったレンコンつくねと付け合わせの南瓜と小松菜を添える。
⑦Bを合わせておき、レンコンつくねの上からかける。


【1人分の栄養価】


エネルギー:225kcal
たんぱく質:10.1g
カリウム :374mg
リン:123mg
食塩 :1.2g
水分:131.4g








 

★きのこ和え★


<材料>(2人分)
・白菜          80g
・えのきたけ(味付け瓶詰)20g
A・濃口醬油        2g
A・みりん         4g
・かいわれ大根      10g


<作り方>
① 白菜は千切りにし、湯でこぼししておく。
② かいわれ大根の根はそぎ落とし、1/2等分にし、湯でこぼしておく。
③ Aを合わせておく。
④ ①から③と味付き瓶詰めを混ぜ合わせる。
⑤ 皿に盛り付けたら、かいわれ大根を上に乗せる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:245kcal
たんぱく質:11.1g
カリウム :482mg
リン:157mg
食塩:1.7g
水分 :188.3g








 

★揚げ出し豆腐★


<材料>(2人分)
・木綿豆腐      120g
・片栗粉        12g
・油          12g
A・濃口醬油       6g
A・酒          2g
A・砂糖         2g
A・鰹・昆布だし    20g
・こねぎ        4g


<作り方>
① 木綿豆腐を1/8等分に切り、湯でこぼし、よく水気を切っておく。
② こねぎは小口切る。
③ Aを合わせ煮立たせる。
④ 鍋に油を引き、火をつけ温める。
⑤ 豆腐に片栗粉を付け、揚げる。
⑥ 揚げ上がったら、皿に盛り付け③を上からかけ、こねぎをちらす。




【1人分の栄養価】


エネルギー:125kcal
たんぱく質:4.4g
カリウム :92mg
リン:62mg
食塩:0.4g
水分 :67.1g









<1食の合計>


エネルギー:617kcal
たんぱく質:19.4g
カリウム :664mg
リン :273mg
食塩 :2.2g
水分 :371.2g


 





是非、ご家庭で作ってみてください!


  管理栄養士 島松千智・竹下京香


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>9月 「血糖」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年9月19・20日

テーマ:血糖




9月の透析食講座は「血糖」についてお話をさせて頂きました。







パンやご飯、麺などの炭水化物である糖分は体の中で消化吸収されて、ブドウ糖(グルコース)になり、血液中に入って体のエネルギーになります。その血液中のグルコースの濃度のことを血糖値といいます。

血糖値の目標値
・随時血糖値(透析前あるいは食後2時間血糖値):180~200mg/dl未満
・グリコアルブミン(GA):20%未満
 ※24%未満(心血管イベントに既往を有し、低血糖傾向のある方)


グリコアルブミン(GA)とは?
グリコアルブミン(GA)は、血液中のアルブミン中でブドウ糖と結合しているアルブミンの割合のことを言います。
過去2~4週間の血糖状態を反映します。


食後の高血糖を防ぐために、糖質がゆっくりと吸収される食材を選びましょう。
その判断基準としてGI(グリセミック・インデックス)という指標があります。




GI値とは?
食材の炭水化物50gを摂取した時に、どれくらいのスピードで血糖値が上がるかを示した指標です。血糖値の上昇率が一番高いグルコースの指標を100としたときの血糖値の上昇率を数値で表します。
食後の血糖値を上げないためには、ゆっくりと糖質が吸収されることが望まれるので、GI値が低い食材を選択することになります。
GI値55以下の食材を選ぶようにしましょう。
低GI値食品は、食物繊維や脂質、たんぱく質などの成分を多く含んでいることが多いため、消化・吸収に時間がかかります。そのため血糖値の上昇も緩やかになります。
また低GI値食品は消化に時間がかかるものが多いため腹持ちが良く、食べ過ぎを防いでくれます。空腹感に負けてついつい食べ過ぎてしまう方は、低GI値食品を積極的に食事に取り込んでみましょう。


食後の血糖値をするために、まずは食べる順番を見直しましょう。食べる順番を見直すことによって、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。









 

≪展示食≫



●栗赤飯 ●鯛の潮汁

●紅白なます ●盛り合わせ ●果物


★栗赤飯★


<材料>(2人分)
・小豆          15g
・米           80g
・もち米         60g
・塩        ひとつまみ
・栗(甘露煮)      15g


<作り方>
① 水を張った鍋に小豆を入れ火にかける。沸騰したら一度茹でこぼして水を足し、再度火にかけ、少し柔らかくなってきたら火を止めて、茹で汁は捨てずに冷ます。
 ② 米を洗い、小豆を米と合わせ、小豆の茹で汁を一合の目盛まで入れたら、塩を入れて炊く。
 ③ 栗(甘露煮)をきざみ、炊きあがったご飯に混ぜる。




【1人分の栄養価】


エネルギー:332kcal
たんぱく質:6.0g
カリウム :108mg
リン:66mg
食塩 :0.5g
水分:96.9g















 

★鯛の潮汁★


<材料>(2人分)
・真鯛     2切れ(80g)
・水          300ml
・昆布         1枚
・酒       小さじ2/3
・食塩      ひとつまみ
・薄口醤油    小さじ2/3
・みりん     小さじ1/3
・生麩         2つ
・貝割れ大根      10g


<作り方>
① 鍋に出汁、酒、食塩を入れ食塩が溶けるまで混ぜる。
② ①に昆布を敷き、上から鯛を皮を下にして入れ10分置く。その後火にかけ少し温まったくらい(40℃)で鯛を裏返し蓋をする。
③ 沸騰しない程度に温まったら5分程おいて鯛だけ一度取り出し、再度加熱する。
④ ③をキッチンペーパーを敷いたザルでこして鍋にとり、醤油、みりんで味を調え再び火にかける。
⑤ お椀に鯛を入れ④を流しいれる。上に下茹でした貝割れ大根と生麩を加えて出来上がり。




【1人分の栄養価】


エネルギー:95kcal
たんぱく質:10.7g
カリウム :228mg
リン:118mg
食塩:0.7g
水分 :194.2g














★紅白なます★


<材料>(2人分)
・大根         50g
・人参         10g
Ⓐ・食塩        0.4g
Ⓐ・酢       小さじ1
Ⓐ・砂糖      小さじ1
・かつお節    ひとつまみ


<作り方>
① 大根と人参は皮をむき千切りにし茹でこぼしたら、水気をきる。
② ①にⒶを入れ和える。
③ ②を器に盛り、上にかつお節をのせる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:15kcal
たんぱく質:0.1g
カリウム :76mg
リン:6mg
食塩:0.1g
水分 :33.9g














 

★盛り合わせ★


<材料>(2人分)
有頭えびの含め煮
・えび          60g
Ⓐ・出汁         20g
Ⓐ・薄口しょうゆ  小さじ1/2
Ⓐ・酒       小さじ2/3
Ⓐ・みりん     小さじ2/3
Ⓐ・上白糖     小さじ1/3


三色巻き
・鶏もも肉        80g
・人参          20g
・ごぼう         20g
・いんげん        10g
Ⓑ・出汁         40g
Ⓑ・しょうゆ     小さじ1
Ⓑ・酒       小さじ2/3
Ⓑ・みりん     小さじ2/3
Ⓑ・砂糖      小さじ2/3


・ぶなしめじ       20g
Ⓒ・出汁         30g
Ⓒ・薄口しょうゆ  小さじ1/3
Ⓒ・みりん     小さじ2/3
・絹さや          5g


<作り方>
★有頭えびの含め煮
① 有頭エビは、背の真ん中から爪楊枝を差し込み、背わたを取る。
② 頭と尻尾を合わせるように、背中を曲げ、爪楊枝で刺して固定する。
③ 鍋にⒶを入れて中火に熱し、ひと煮立ちしたら②を加えて弱火にし、4分程煮込む。
この時、アクが出る場合は取り除く。
④ 火を止め、ゆっくりと煮含めるように常温で冷ます。


★三色巻き ① 鶏肉はそぎ切りにし開き、皮をしたにして叩いて広げる。
② ごぼうはよく洗い皮を包丁の背でこそぎ落とし鶏肉と同じ長さに切る。縦1/4にカットして酢水(分量外)に15分ほど浸ける。
③ お湯を沸かし酢水に漬けたごぼうを流水ですすぎ柔らかくなるまで茹でる。
④ 人参も一本を半分にカットして短冊切りにして、茹でこぼしする。
⑤ いんげんは筋取りをして下茹でする。
⑥ 鶏肉にごぼう、人参、いんげんをのせて巻きタコ糸を巻いく。
⑦ 鍋にⒷを煮たたせ、⑥を入れて落し蓋をし10分ほど煮る。
⑧ 出来上がった⑦を6等分に切る。
★信田巻き
① 油揚げは油抜きをし、絞っておく。
② ごぼうはよく洗い皮を包丁の背でこそぎ落とし油揚げの横巾(長い方約14㎝)に切る。
縦1/4にカットして酢水(分量外)に15分ほど浸ける。
③ お湯を沸かし酢水に漬けたごぼうを流水ですすぎ柔らかくなるまで茹でる。
④ 人参も一本を半分にカットして短冊切りにして、茹でこぼしする。
⑤ ①の油揚げの三辺の際を切り落とし開く。
⑥ まな板の上に油揚げを広げ油揚げに軽く片栗粉を振り、ごぼう、人参、すり身をのせて巻き、爪楊枝で止める。
⑦ 鍋にⒷを煮たたせ、⑥を入れて落し蓋をし10分ほど煮る。
⑧ 出来上がった⑦を6等分に切る。


★しめじ
① しめじの石づきを切り落とし、茹でこぼす。
② 絹さやの筋をとり、茹でこぼす。
③ 鍋にⒸを入れ煮立ったら①を加えて煮る。

皿にできあがった有頭えびの含め煮と三色巻きとしめじを並べ、②を添えて出来上がり。




【1人分の栄養価】


エネルギー:254kcal
たんぱく質:23.6g
カリウム :643mg
リン:352mg
食塩:1.3g
水分 :198.7g




































<1食の合計>


エネルギー:696kcal
たんぱく質:40.4g
カリウム :1055 mg
リン :542mg
食塩 :2.6g
水分 :557.5g


 
  


9月21日は「敬老の日」ということで、いつもより華やかなお食事です。
少したんぱく質が多いので、夕食はたんぱく質を控えめにしたメニューにされることをお勧めします。
こちらの献立を参考にぜひ一度、献立を参考に作ってみてください★

  管理栄養士 島松千智・竹下京香

<透析食シリーズ>7月 「塩分対策」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年7月26・27日

テーマ:塩分対策




7月の透析食講座は「塩分対策」についてお話をさせて頂きました。




日頃のお食事で「そんなに塩分をとっているつもりはない」と思われる方もいると思います。しかし、何気ないところで塩分を摂取していることも多く、気づかないうちにたくさんの塩分を摂取している可能性があります。今回はなぜ塩分を控える必要があるのか、塩分を控えるにはどうすればよいのか、代用できる調味料や調理方法についてお話ししました。





食塩を過剰に摂取すると、のどの渇き、水分の過剰摂取につながります。その結果、体内に余分な水分が溜り、血液透析の除水量が増加すると、透析中の血圧が下がり、体調が悪くなることがあります。また、血液中の水分量が増えることから、高血圧を引き起こす原因にもなります。

ついつい間食にお菓子などで塩分を多く含むものを口にすることがあると思います。 すると、あとになって喉が渇き「今日ぐらい、いいや!」と飲んでしまうと、そのことが習慣化し飲み食いがやめられなくなります。味の濃いもの、おかしなどはほどほどにし、体重計にのる習慣をつけ、水分管理をきちんと行いましょう。





●調味料から気をつけよう





上手な減塩のコツ


〇調味料や食品に含まれる食塩量に注意
〇食塩の少ない調味料を上手に使おう
〇調味料は計量スプーンやはかりで使用量を決めてから使おう
〇麺類の汁は残そう
〇煮物は出汁の旨みを利用しよう
〇素材の味を生かそう
〇香辛料や酸味、香味野菜をうまく活用しよう
〇加工食品、漬物は控えめに
〇調味料は「かける」より「つける」ようにしよう






 

 

≪展示食≫



●ご飯 ●鮭の菜種焼き

●白和え ●がめ煮 ●デラウェア


★菜種焼き★


<材料>(2人分)
・鮭          120g
・酒           2g
・塩          0.6g
・小麦粉         10g
・油           10g
・卵           30g
・食塩         0.2g
・油           4g
・マヨネーズ       20g
・乾燥パセリ      0.02g
・トマト         40g
・ブロッコリー      30g
・マヨネーズ       10g


<作り方>
① 鮭に酒をふり少し置く。その後キッチンペーパーでふき取り、塩をふる。
② ボウルに卵を割り、塩をいれ炒り卵を作る。
③魚に小麦粉をつけ焼いたら、上に炒り卵とマヨネーズを混ぜたものをのせ、オーブンで焼き目が付く程度焼く。
④ ブロッコリーは小房に分けて茹でこぼす。
⑤皿に③を盛り付け、上から乾燥パセリを散らし、ブロッコリーとマヨネーズを添える。


【1人分の栄養価】


エネルギー:340kcal
たんぱく質:15.3g
カリウム :340mg
リン:208mg
食塩 :0.9g
水分:84.8g








 

★洋風和え★


<材料>(2人分)
・絹ごし豆腐        80g
・かに風味かまぼこ     10g
・きゅうり         20g
・塩           0.2g
・薄口醬油         5g
・砂糖           4g


<作り方>
① きゅうりは輪切りにし、塩もみをしておく。豆腐をボイルしやすい大きさに切り、かまぼこは半分に切り、それぞれボイルする。
② ①の水気を取り、豆腐をつぶすように和える。
③ ②と調味料を合わせる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:37kcal
たんぱく質:2.9g
カリウム :92mg
リン:38mg
食塩:0.6g
水分 :50.4g








 

★がめ煮★


<材料>(2人分)
・鶏モモ肉       30g
・ごぼう        30g
・人参         10g
・里芋         40g
・こんにゃく      30g
・油          4g
・濃口醬油       6g
・酒          4g
・みりん        4g
・砂糖         2g
・かつお・昆布だし   60g
・いんげん豆      6g


<作り方>
① ごぼうとにんじんは乱切り、こんにゃくは四角に、里芋は半分(2等分)に切る。
② ①のすべての野菜をボイルする。
③ 鶏もも肉はボイルする。
④ いんげん豆は斜めスライスに切り、ボイルする。
⑤ 鍋に調味料を入れ、①と③を入れ煮る。
⑥ ⑤を皿に盛り付けて、上から④を散らす。




【1人分の栄養価】


エネルギー:92kcal
たんぱく質:3.6g
カリウム :180mg
リン:47mg
食塩:0.4g
水分 :94.4g









<1食の合計>


エネルギー:703kcal
たんぱく質:25.6g
カリウム :656mg
リン :344mg
食塩 :1.9g
水分 :319.6g


 



夏バテで食欲がおちていませんか?食欲がない時には、麺類がおすすめです。
しかし、そうめんには塩分が沢山入っているので、しっかりゆでてよく流水して塩分を落として食べましょう。
体力をつけて、この暑い夏を乗り越えましょう!!

是非、ご家庭で作ってみてください!


  管理栄養士 島松千智・竹下京香


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>6月 「食中毒予防」

くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年6月21・22日

テーマ:食中毒予防





6月の透析食講座は「食中毒予防」についてお話をさせて頂きました。




食中毒を予防するには以下の「食中毒3原則」を守りましょう。


●菌をつけない



手にはさまざまな細菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないために、次のような場合は必ず手を洗いましょう。

〇調理を始める前
〇生の肉や魚、卵などを取り扱う前後
〇調理の途中でトイレに行ったり、鼻をかんだりした後
〇おむつを交換したり、動物に触れたりした後
〇食卓につく前
〇残った食品を扱う前



調理を行う際はまず、加熱ぜずに食べるものから取り扱うようにしましょう。
また、生の肉や魚などの切ったまな板などの器具から、加熱しないで食べる野菜などへ菌が付着しないように、使用の都度きれいに洗い、殺菌消毒などを行いましょう。
またラップをかけるなどしてほかの食品についている細菌がつかないようにしましょう。


●増やさない



細菌の発育適温帯は20℃~50℃です。この温度を避け、低温域または高温域のどちらかで食品を保管しましょう。
食品の保管温度は5℃以下または65℃以上にしましょう。

細菌は10℃以下で増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下で増殖が停止します。食べ物に付着した菌を増やさないために、購入後や調理後すぐに食べきらないものはできるだけ早く冷蔵庫へ保管しましょう。


●菌をやっつける(加熱調理)


細菌は中心温度が75℃1分間以上加熱


ウイルスは中心温度が85℃~90℃で90秒以上加熱


※食中毒菌の多くは充分な加熱で死滅します。
またふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌やウイルスが付着します。特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。




参考文献:あなたの暮らしをわかりやすく政府広報オンライン「食中毒予防の原則と6つのポイント」
     厚生労働省 食中毒「できていますか?衛生的な手洗い」






 

 

≪展示食≫



●ピースご飯 ●焼き鳥風

●酢の物 ●厚焼き玉子 ●ビール風ゼリー


★焼き鳥風★


<材料>(2人分)
・鶏もも肉       160g
・濃口醤油       16g
・酒          40g
・みりん         6g
・砂糖          6g
・鰹・昆布だし     40g

(水溶き片栗粉)
・片栗粉        1g
・水          2g
・根深ねぎ       20g
・いんげん豆      5g

(付け合わせ)
・サニーレタス     20g
・トマト        40g
・レモン        10g


<作り方>
① 鶏もも肉を一口大の大きさに切り、合わせ調味料に漬け込む。
② フライパンで①を焼く。
③ フライパンの中に残った調味液を鍋の中に入れ水溶き片栗粉でとろみをつける。
④ 根深ネギは輪切り(薄目)にし、湯でこぼす。
⑤ 付け合わせのトマトは半月スライスに切り、レモンはくし形(8等分)に切る。
⑥ 皿にサニーレタスを敷き、その上に鶏肉を盛りつけたら④を散らし、③のソースを上からかける。
⑦ いんげん豆を上に盛り付ける。
⑧ トマトとレモンは横に添える。


【1人分の栄養価】


エネルギー:247kcal
たんぱく質:15.1g
カリウム :288mg
リン:120mg
食塩 :1.3g
水分:136.6g








 

★酢の物★


<材料>(2人分)
・かに風味かまぼこ    10g
・きゅうり        60g
・わかめ         0.6g
・塩           0.4g
A・穀物酢         8g
A・砂糖          6g
・生姜           4g


<作り方>
① きゅうりを輪切りに切り、塩もみをし、流水する。
② 生姜は千切りにし、鍋に水と生姜を入れ湯でこぼす。
③ かに風味かまぼこは真ん中を切り、手でさき、わかめは水の中に入れ戻す。
④ 鍋に水を入れ、沸騰したら②を入れ湯でこぼす。
⑤ ①と③の水をしぼり、②とAを入れ混ぜ合わせる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:23kcal
たんぱく質:1.0g
カリウム :70mg
リン:17mg
食塩:0.4g
水分 :37.9g








 

★ビール風ゼリー(リンゴ味)★



<材料>(2人分)
・リンゴジュース   150g
・ゼラチン      3.2g
・水          10g
・砂糖       13.34g


<作り方>
① ゼラチンと水を入れゼラチンをふやかす。
②鍋に①と砂糖を入れ、砂糖を溶かす。
③ 沸騰直前で火を止め、リンゴジュースを入れ、混ぜ合わせる。

(泡の部分)
① 1ℓ分ビール泡用に取り置きをし、他は人数分カップに次ぎ分ける。
② ハンドミキサーor泡だて器で冷やしながら攪拌する。
③ カップについだリンゴジュースが冷やし固まったら、泡を入れて再度冷やす。




【1人分の栄養価】


エネルギー:32kcal
たんぱく質:1.4g
カリウム :0mg
リン:0mg
食塩:0g
水分 :150.2g









<1食の合計>


エネルギー:648kcal
たんぱく質:27.6g
カリウム :570mg
リン :279mg
食塩 :2.7g
水分 :518.2g


 



今回くまクリニックでは「父の日」にこちらのメニューを提供させていただきました。
いつもと違ったメニューに皆さんとても喜ばれていました。
いつもと違ったメニューを作ってみませんか?
是非、ご家庭で作ってみてください!


  管理栄養士 島松千智・竹下京香


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>5月 「フレイル」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年5月24・25日

テーマ:フレイル




5月の透析食講座は「フレイル」についてお話をさせて頂きました。




 「フレイル」とは、加齢に伴う運動機能低下(サルコペニア)や認知機能低下によって活動量が低下し、健康障害を来しやすい心身虚弱状態のことを言います。特に高齢者のフレイルは生活の質を落とすだけでなく、様々な合併症を引き起こし要介護状態に至る可能性があることから、早め早めから予防していく必要があります。近年、高齢化が進んでいる日本では、食事摂取基準(2020年版)の改定案にもフレイル対策としての高齢者の食事摂取目安を盛り込んでいます。

透析患者様は様々な食事制限によって「食べてはいけない」という概念がありますが、高齢化が進む現在では「食事量が足りていない」という患者様も多くいらっしゃいます。リンの数値が上がるからたんぱく質を控えたり、体重が増えるからごはんを減らすことによって体重管理をされている方が多いのです。そうすることによってエネルギーやたんぱく質の摂取が足りなくなり慢性的な栄養状態、また加齢による筋肉量の低下によってサルコペニアになり、さらに筋肉量低下し、身体機能の低下や活動量の低下を招きます。活動量の低下によってお腹が空かなくなりさらに食事量の減少に繋がってしまうのです。このような悪循環のサイクルにならないためにも、自分自身がどのくらい食べてよいのか知ることはとても大切になってきます。




食事はバランスよく食べることが大切です。
食事の内容を見直し、何種類の食材を食べることが出来ているのか確認してみましょう。
また、一日三食きちんと食べることが低栄養を予防するために必要不可欠です。朝食もきちんと食べるようにしましょう。
主食・主菜・副菜と品数を増やし、バランスの良い食事を心がけましょう。




人は加齢によってどうしても筋肉量が減少します。噛む力が弱くなると食事の量が減少してしまい、フレいる状態になる可能性が高くなります。口腔機能を高めて、健康な体作りを行いましょう。



 

 

≪展示食≫



●ご飯 ●魚の南蛮漬け

●なめたけ和え●ビーフンソテー 


★魚の南蛮漬け★


<材料>(2人分)
・白身魚        2切れ
・酒        小さじ1/2
・塩         1つまみ
・小麦粉       小さじ2
・サラダ油     小さじ2強
A・濃口醤油   小さじ1と2/3
A・みりん      小さじ2/3
A・酒        小さじ2/3
A・砂糖     小さじ1と1/2
A・穀物酢       大さじ1
A・出汁          20cc
B・玉ねぎ         40g
B・赤ピーマン       10g
B・貝割れ大根       10g

・トマト         40g
・レタス         20g


<作り方>
① 魚に酒をふり少し置く。その後キッチンペーパーでふき取り、塩をふる。
② ①に小麦粉をつけ、魚を揚げる。
③ Bの野菜は茹でこぼしておく。
④ Aの調味液を作り、タッパに②の魚とその上にBの野菜をのせたら、調味液を上からかけ漬け込む。
⑤ トマトはくし切り、レタスはちぎって水にさらしておく。
⑥ ④を皿に盛り、⑤の野菜を添えて完成。


【1人分の栄養価】


エネルギー:195kcal
たんぱく質:11.7g
カリウム :345mg
リン:136mg
食塩 :1.0g
水分:125.3g








 

★なめたけ和え★


<材料>(2人分)
・白菜          80g
・えのきだけ(瓶詰め)  20g
・濃口醤油     小さじ1/3
・みりん      小さじ2/3
・貝割れ大根       10g


<作り方>
① 白菜は細めの短冊切りに、貝割れ大根は石づきを落とし3cm幅に切ったら茹でこぼす。
② 白菜、えのきだけ、醤油、みりんを合わせ、和える。
③ ②を皿に盛り貝割れ大根を上にのせる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:20kcal
たんぱく質:1.0g
カリウム :105mg
リン:33mg
食塩:0.5g
水分 :51.9g








 

★ビーフンソテー★


<材料>(2人分)
・ベーコン        10g
・玉ねぎ         40g
・人参          10g
・ビーフン        20g
・油         小さじ1
・薄口醤油      小さじ1
・料理酒      小さじ2/3
・こしょう        適宜
・小ねぎ         4g


<作り方>
① ベーコンは1㎝幅の角切りにし、茹でこぼす。
② 玉ねぎは薄切りに、人参は細めの短冊切りにする。
③ ビーフンは茹でて戻しておく。
④ フライパンに油をひいたら、ベーコンを入れ炒める。
その後②③を入れ、調味料を加えて味を調える。
⑤ ④を皿に盛り小ねぎを散らす。



【1人分の栄養価】


エネルギー:97kcal
たんぱく質:1.7g
カリウム :64mg
リン:29mg
食塩:0.6g
水分 :32.2g














<1食の合計>


エネルギー:546kcal
たんぱく質:18.2g
カリウム :558mg
リン :249mg
食塩 :2.1g
水分 :299.4 g


 
  


彩り豊かな献立になりました。
お魚のレパートリーがなかなかない方、こちらの献立を参考にされてみませんか?
ぜひ一度、献立を参考に作ってみてください★

  管理栄養士 島松千智・川井康子


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>4月 「水分」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年4月25・26日

テーマ:水分




4月の透析食講座は「水分」についてお話をさせて頂きました。





正常な腎臓は尿量を調整することにより体内の水分量を一定に保っていますが、腎不全の患者さんでは尿量が減るまたは出なくなり水分が体に溜まってしまいます。その状態で水分をとりすぎてしまうと、体重増加による、むくみ・呼吸困難・血圧上昇などの症状が現れ、心不全や肺水腫などの原因になります。

また体重増加量が多い分、水を引いていくと急な浸透圧の変化が起こり、循環している血液量が減るため血圧が低下してしまいます。水分制限を続けず体重増加を繰り返すと、心臓に負担がかかり心臓の筋肉が伸びきって血液の拍出機能が低下してしまいます。そうなると常に低血圧になる可能性があります。このようなことにならないためにも、水分管理をきちんと行いましょう。


体の中の塩分の割合は一定に保たれているので、塩分8gをとると1Lの水が体にたまります。
塩分をたくさんとると体の中の塩分が濃くなり、のどの渇きが強くなります。
そうして塩分が水を呼び、体重が増加します。



 

 

≪展示食≫



●筍ご飯 ●鰆の土佐漬け

●ふきと油揚げのお浸し ●かきたまスープ ●果物


★筍ご飯★


<材料>(2人分)
・米           150g
・鶏もも肉         40g
・たけのこ         40g
・人参           10g
・干し椎茸         6g
A・鰹・昆布だし      60㏄
A・酒        小さじ1弱
A・濃口醤油    小さじ1と2/3
A・薄口醤油       小さじ1
・グリンピース       10g


<作り方>
① 米を研ぎザルに上げておく。鶏肉は1㎝角に、たけのこは穂先は薄切りに、根元は1cm角に切る。人参は細切りに、干し椎茸は水で戻し半分に切ってスライスに切る。
② 釜にお米を入れたらAを入れ、1合のところまで水を加え、①の具を入れ炊く。 ③ グリンピースは茹でこぼしておく。
④ 茶碗にご飯を盛り、ピースをのせる。


【1人分の栄養価】


エネルギー:309kcal
たんぱく質:6.0g
カリウム :294mg
リン:102mg
食塩 :0.8g
水分:167.0g




 

★鰆の土佐漬け★


<材料>(2人分)
・さわら        2切れ
・小麦粉      小さじ2強
・サラダ油     小さじ2強
・胡瓜           30g
・しそ           1g
A・穀物酢      大さじ1弱
A・濃口醤油    大さじ1/2強
A・砂糖       小さじ2/3
A・みりん      小さじ1/3
B・レモン果汁    小さじ2/3
B・おろし生姜        4g
B・油         小さじ2
・トマト          40g
・なす           30g
・油          小さじ2


<作り方>
① 鰆に小麦粉をまぶし、油で揚げる。
② きゅうりは輪切りにし、水さらしをしてお湯をかける。
③ しそは細切りにする。
④ トマトはくし切り、なすは油で炒める。
⑤ Aを合わせ、砂糖がとける程度火にかける。砂糖がとけたら火を止め、Bと胡瓜、しそを加える。
⑥ 皿に鰆を盛り付け、⑤を上からかける。トマトとなすを横に添える。



【1人分の栄養価】


エネルギー:250kcal
たんぱく質:13.6g
カリウム :474mg
リン:164mg
食塩:0.8g
水分 :122.2g




 

★ふきと油揚げのお浸し★


<材料>(2人分)
・ふき          80g
・油揚げ         20g
A・砂糖       小さじ2/3
A・薄口醤油   小さじ1と1/3
A・みりん       小さじ1
A・鰹・昆布だし     30㏄
・鰹節       ひとつまみ


<作り方>
① ふきは皮をむいて4㎝幅に切り、ゆがく。油揚げは短冊切りにし、油抜きする。
② Aを煮立たせたら、①を入れ煮る。
③ ②を皿に盛り、鰹節を散らす。




【1人分の栄養価】


エネルギー:31kcal
たんぱく質:1.7g
カリウム :118mg
リン:33mg
食塩:0.6g
水分 :65.3g




 

★かきたまスープ★


<材料>(2人分)
・絹ごし豆腐       80g
・玉葱          40g
・水           100g
・鶏ガラだし        2g
・薄口醤油      小さじ1
・酒        小さじ2/3
・みりん      小さじ1/3
・卵           30g
・小葱           4g


<作り方>
① 豆腐はさいの目切りに、玉葱はスライスし、一度茹でこぼす。
② 鍋に水を入れ、沸騰したら①と調味料を加える。再び沸騰したら、溶き卵を流し入れる。
③ ②を器につぎ、小葱を散らす。



【1人分の栄養価】


エネルギー:60kcal
たんぱく質:4.8g
カリウム :148mg
リン:71mg
食塩:0.7g
水分 :120.3g











<1食の合計>


エネルギー:647kcal
たんぱく質:29.1g
カリウム :982mg
リン :370g
食塩 :2.9g
水分 :474.8g


 



旬な食材を使用することで、食に対する意欲が増すメニューとなっております。
旬な食材はカリウムが高いため、使用される際は朝食と夕食で少し控えめに食材を使い、メリハリのある食事にされるとよいかと思います。
お魚のレパートリーがなかなかない方、こちらの献立を参考にされてみてください★
いつもと違ったメニューを作ってみませんか?
是非、ご家庭で作ってみてください!


  管理栄養士 島松千智・川井康子


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>3月 「カリウム」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年3月22・23日

テーマ:カリウム




3月の透析食講座は「カリウム」についてお話をさせて頂きました。





食事などから摂取したカリウムの95%は尿中に排泄されます。ただし、腎機能障害により腎臓からの排泄が低下すると、便中へのカリウム排泄が主になります。尿の出ない透析患者さんでは、便中や汗などの腎臓以外のカリウム調節系が重要になります。
 腎臓の機能が正常な人は、一度にたくさんのカリウムを摂取しても血清カリウムはほとんど上昇せず、数時間内にほとんどが尿中に出てしまいます。
しかし、透析療法中の人は1600㎎とるだけで1mEq/ℓ上昇し、その後透析しない限り低下することはありません。 血清カリウム値が7.5mEq/ℓ以上になると心臓が停止する可能性があります。カリウムは果物や野菜、芋、豆などに多く含まれていて、透析患者さんにとっては、果物などのとりすぎはときに「猛毒」になるのです。
なので、透析患者さんはカリウム管理はとても重要になってきます。

今回はカリウム含有量をランキングにして、食品のカリウムの量について再確認していただきました。


カリウムは高くても低くても身体に影響を及ぼします。


1日のカリウム摂取量は1500㎎とし、果物などの吸収の早い食べ物は1度に食べ過ぎないようにしましょう。




 

 

≪展示食≫



●ご飯 ●鰆の金山寺味噌焼き

●胡瓜の三杯酢 ●ラタトゥイユ ●果物


★鰆の金山寺味噌焼き★


<材料>(2人分)
・さわら         2切れ
・酒         小さじ1/2
・塩          1つまみ
・小麦粉        小さじ2
・サラダ油      小さじ2強
・金山寺みそ    小さじ1と2/3
・マヨネーズ      小さじ5

・トマト          60ℊ
・いんげんまめ       30ℊ

<作り方>
① 魚に酒をふり少し置く。その後キッチンペーパーでふき取り、塩をふる。
② 魚に小麦粉をつけ焼いたら、上に味噌とマヨネーズを混ぜたものをのせ、オーブンで焼き目が付く程度焼く。
③ ブロッコリーは小房に分けて茹でこぼす。さつま芋は輪切りにして出汁と砂糖を熱した鍋に入れ甘露煮を作る。
②③を皿に盛る。


【1人分の栄養価】


エネルギー:263kcal
たんぱく質:13.6g
カリウム :432mg
リン:175mg
食塩 :0.9g
水分:88.8g




 

★胡瓜の三杯酢★


<材料>(2人分)
・えび          20g
・わかめ         0.6g
・胡瓜          40g
・食塩        一つまみ
・濃口醤油      小匙2/3
・穀物酢        小匙1
・上白糖       小匙1/2


<作り方>
① 海老は茹でて小さく切る。
② わかめを戻し、胡瓜は輪切りにして水にさらす。
③ ①と②を合わせたら、Aの調味料を加えて和える。
④ 皿に盛る。


【1人分の栄養価】


エネルギー:20kcal
たんぱく質:2.7g
カリウム :85mg
リン:41mg
食塩:0.6g
水分 :30.8g




 

★ラタトゥイユ★


<材料>(2人分)
・ベーコン        10g
・なす          60g
・玉ねぎ         40g
・人参          10g
・しめじ         10g
・油          小匙1
・ケチャップ       10g
・固形コンソメ       1g
・濃口しょうゆ    小匙1/2
・料理酒       小匙1弱
・こしょう        適宜


<作り方>
① ベーコンは1㎝幅の角切りにし、茹でこぼす。
② なすは3㎝幅の乱切りに、しめじは石づきを切り取り、子房に分け、玉ねぎは1㎝角に切り、茹でこぼす。
③ 人参は5㎜幅のいちょう切りにし、茹でこぼす。
④ 油を引きベーコンを炒める。
⑤ 次に玉葱を炒め、しんなりしてきたら、なす、人参、しめじを加える。(中火)
⑥ 野菜の水分が出てきたらケチャップ、コンソメ、しょうゆ、酒を加え煮込む。
⑦ 煮立ったらこしょうで味を調え、火を止めて器に 盛る。



【1人分の栄養価】


エネルギー:69kcal
たんぱく質:1.4g
カリウム :148mg
リン:36mg
食塩:0.5g
水分 :68.5g











<1食の合計>


エネルギー:586kcal
たんぱく質:21.5g
カリウム :709mg
リン :303mg
食塩 :2.0g
水分 :278.0g


 



彩り豊かな献立になりました。
お魚のレパートリーがなかなかない方、こちらの献立を参考にされてみてください★
野菜やきのこ類も一度に使用する量に注意すれば、さまざまなメニューを楽しむことができます。

いつもと違ったメニューを作ってみませんか?
是非、ご家庭で作ってみてください!


  管理栄養士 川井康子・島松千智


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>2月 「リン」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年2月22・23日

テーマ:リン




2月の透析食講座は「リン」についてお話をさせて頂きました。




 
 リンは体にとってちょうど良い量が決まっており、主に腎臓がその調整を行っています。
健康な腎臓をもっている人は量を調整してくれますが、透析患者さんは腎臓がほとんど機能していないため、リンを排泄できず体内に蓄積し、高リン血症になってしまいます。
体内の余分なリンは透析療法で除去できますが、除去できるリンの量には限界があります。そのため、薬物療法やリンを含む食事を調整することが必要になります。
高リン血症の状態が続くと、カルシウムとリンが血管内で石灰化を起こし、動脈硬化を引き起こすことがあります。
また、血清リン値が高いほど、死亡リスクが高くなることが知られています。
なので、透析患者さんはリン管理がとても重要になってきます。





無機リンの吸収率は90%を超えます。


加工食品に含まれる添加物のリン(無機リン)は吸収率が高いので、食べる際にはなるべく多く切り込みを入れ、茹でこぼして添加物を少しでも除去しましょう。
また、リン酸塩㏗調整剤の表記のない商品はリン含有量が少ないことも報告されています。加工食品を購入する際はぜひ確認してみてください。
水産加工食品(かまぼこ、ちくわ、はんぺん、さつま揚げなどの練り製品)にもこうした添加物は多く含まれています。おでんや煮物などに多く使われる製品なので、食べる量には十分気を付けましょう。


その他にリン摂取を減らすポイントは、

●乳製品を控えること
●骨まで食べられる魚の食べる頻度を減らすこと
●種実類(ナッツ類、ごまなど)を食べ過ぎないようにすること
●リン吸着剤を飲むタイミングには気を付けること

などがあります。

何事も食べる量が大事なので、食べ過ぎないよう気を付けましょう。









 

≪展示食≫



●炊き込みご飯 ●鮭のみりん焼き

●和ドレ和え ●厚焼き玉子 ●果物


★炊き込みご飯★


<材料>(2人分)
・米           1合
・ツナ缶         20g
・しいたけ        10g
・人参          20g
・薄口醬油      小さじ1
・濃口醤油     小さじ1/3
・酒        小さじ1強
・いんげん豆       10g

<作り方>
① 米を洗米し調味料を加え、炊飯器の1合の目盛りに合わせて浸しておく。
② 椎茸は石づきを切り取り、半分に切ってさらに6等分にし、さっと茹でる。
③ 人参はみじん切りにし、さっと茹でる。
④ いんげん豆は茹でこぼしをし斜め切りにする。
⑤ ①に油を切ったツナ缶と②③とを加え、炊き上げる。
⑥ 炊き上がったら茶碗に盛り、いんげん豆をのせる。



【1人分の栄養価】


エネルギー:274kcal
たんぱく質:6.4g
カリウム :124mg
リン:79mg
食塩 :0.7g
水分:117g












 

★鮭のみりん焼き★


<材料>(2人分)
・鮭      120g(2切れ)
・濃口醬油   小さじ1と1/3
・みりん       小さじ1
・砂糖        小さじ1
・出汁          20cc
・油         小さじ1

付け合わせ
・小松菜         40g
・さつま芋        40g
・濃口醬油     小さじ1/3
・酒        小さじ1/3
・みりん      小さじ2/3
・かつお昆布だし     20㏄

<作り方>
① 鮭の水気をキッチンペーパーでとったら調味料に漬け込む。
② 漬け込んだら、フライパンに油を入れ焼いていく。
③ 付け合わせの小松菜は3㎝幅に切り茹でこぼす。
④ さつま芋は輪切りにし1度茹でこぼしたら、鍋にさつま芋と調味料を入れ甘露煮を作る。
⑤ 皿に②でやいた鮭と小松菜、さつま芋の甘露煮を添える。



【1人分の栄養価】


エネルギー:215kcal
たんぱく質:13.0g
カリウム :378mg
リン:172mg
食塩:0.4g
水分 :55.4g












 

★和ドレ和え★


<材料>(2人分)
・かにかま        10g
・きゃべつ        40g
・大根          60g
・食塩          0.2g
・薄口醤油     小さじ1/3
・酢      小さじ1と1/2
・砂糖        小さじ1
・油        小さじ1/4


<作り方>
① かにかまはさっと茹でこぼし、割いておく。
② きゃべつは太めの千切り、大根は細めの短冊切りにし、それぞれ茹でこぼす。
③ 調味料を合わせたら、①②をいれたボウルに混ぜ合わせていく。
④ 皿に盛る。



【1人分の栄養価】


エネルギー:27kcal
たんぱく質:1.1g
カリウム :88mg
リン:13mg
食塩:0.4g
水分 :55.4g


















<1食の合計>


エネルギー:579kcal
たんぱく質:25.3g
カリウム :674mg
リン :335mg
食塩 :2.4g
水分 :312.7g


※厚焼き玉子の栄養価も含まれています。
 



毎日食事を考えるのは大変なことだと思います。
いつもと違ったメニューを作ってみませんか?

是非、ご家庭で作ってみてください!

  管理栄養士 川井康子・島松千智


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>1月 「エネルギー」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2022年1月25・26日

テーマ:エネルギー





1月の透析食講座は「エネルギー」についてお話をさせて頂きました。


 
くまクリニックでは透析患者様に食事指導するうえでまずお伝えしていることがあります。
それは、「食べること」です。
透析を導入されたばかりの患者様は、透析食といえば「塩分、水分制限」「カリウム制限」「リン制限」・・・などさまざまな制限が必要であることを知ります。そのため「何を食べればいいのかわからない」「何も食べられなくなる」といった意見もよく耳にします。
この制限。その言葉の大前提としてある言葉が隠されています。
その言葉とは、「食べることを前提とするうえでの、制限」ということです。




制限ばかりを気をつける以前にきちんと自分自身の適正量を知り、その分だけ食事をとる必要があります。この適正量の食事というのが意外と難しく、透析患者様の中には適正量以下の食事しかとれていない方々もいらっしゃいます。
制限することよりもまず「食べること」を考え、そのうえで食事に偏りがある場合には管理栄養士や医師に相談し、食事量も血液検査もよくなるように努力していくことが透析生活では大切になってきます。





「体重増加量が多くなっているから、食事を制限しないと」
「リンの数値が高いから、お肉やお魚は減らさないと」

検査の結果が悪くなると、このような考えになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、食事を適正量とっているうえでの結果だとしたら、これ以上制限してしまうとフレイル(虚弱)のリスクが高くなる可能性があります。見極めるためにも日頃の食事をきちんと食べ、自己判断で食事を制限しないようにしましょう。












 

≪展示食≫



●ご飯 ●鶏の照り焼き

●茄子のお浸し ●白菜のスープ煮 ●果物


★鶏の照り焼き★


<材料>(2人分)
●材料(2人分)
・鶏モモ肉   140g(二切れ)
・油          小さじ1
Ⓐ・濃口醤油   小さじ1と1/3
Ⓐ・酒        小さじ2/3
Ⓐ・みりん      小さじ2/3
Ⓐ・砂糖       小さじ1強
Ⓐ・出汁         20㏄
   
・キャベツ        60g
・トマト         40g
・フレンチドレッシング 小さじ2

<作り方>
① Ⓐの調味料は合わせておく。
② フライパンに油を入れ鶏肉を皮目を下にして中火で2~3分焼く。
③ きつね色になったら裏返し蓋をして1~2分焼く。
④ 蓋を開け油をキッチンペーパーで拭き取ったら、鶏肉を皮目を下にしⒶの調味料を加え煮絡めていく。
⑤ キャベツは千切りにして水にさらしておく。トマトは8等分に切る。
⑥ 鶏肉を皿に盛り、キャベツとトマトを添えてドレッシングをかける。



【1人分の栄養価】


エネルギー:207kcal
たんぱく質:12.3g
カリウム :295mg
リン:137mg
食塩 :1.0g
水分:114.1g












 

★茄子のお浸し★


<材料>(2人分)
・茄子          80g
・濃口醤油     小さじ2/3
・みりん      小さじ2/3
・出汁         10㏄
・鰹節         適量
・貝割れ大根       10g

<作り方>
① 茄子を縦4等分から6等分に切ったら5㎝幅に切って水にさらす。
② ①の水気を切りレンジで温める。
③ 調味料を合わせたら②に加え、合わせる。
④ 皿に盛り、鰹節と貝割れ大根をのせる。




【1人分の栄養価】


エネルギー:15kcal
たんぱく質:0.7g
カリウム :88mg
リン:18mg
食塩:0.3g
水分 :49.5g












 

★白菜のスープ煮★


<材料>(2人分)
・ベーコン        20g
・白菜          80g
・人参          10g
・しめじ         10g
・油         小さじ1
・薄口醤油      小さじ1
・酒        小さじ2/3
・みりん      小さじ1/3
・鶏ガラだし      100㏄
・グリンピース(冷凍)   6g


<作り方>
① ベーコンは短冊切りにし、茹でこぼす。
② 白菜は細切り、人参はいちょう切り、しめじは小房にわけそれぞれ茹でこぼす。
③ 鍋に油を入れ、ベーコンを炒めたら②と調味料を入れ、中火で煮る。
④ グリンピースは茹でこぼす。
⑤ ③に火が通り味が染みたら④をいれ皿に盛る。



【1人分の栄養価】


エネルギー:78kcal
たんぱく質:2.7g
カリウム :161mg
リン:56mg
食塩:0.8g
水分 :107.5g


















<1食の合計>


エネルギー:534kcal
たんぱく質:19.5g
カリウム :588mg
リン :262mg
食塩 :2.1g
水分 :361.1g


 



毎日食事を考えるのは大変なことだと思います。
いつもと違ったメニューを作ってみませんか?

是非、ご家庭で作ってみてください!

  管理栄養士 川井康子・島松千智


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで

<透析食シリーズ>12月 「年末年始のお食事」


くまクリニックでは、毎月集団栄養指導を行っています。

【実施日】2021年12月21・22日

テーマ:年末年始のお食事




12月の透析食講座は「年末年始のお食事」についてお話をさせて頂きました。




今週はクリスマスですね!
チキンやサラダ、ケーキなど、いつもと違った食卓になる方も多いのではないかと思います。
透析患者様もクリスマスのお食事を楽しんでもらえるよう、クリスマスメニューにどのくらいカリウムやリンが含まれているのかをお伝えしました。
食べてはいけない食品はありませんが、偏った食べ方をしてしまうとカリウム・リン高値になりかねません。
また、イベントなどではついお薬を飲み忘れてしまうことがあります。
忘れずにお薬を飲むだけでも、お食事を無理に制限することなく楽しめるので処方された薬は忘れないようにしましょう。






お正月料理は神様に供物をささげて祈る正月三が日に、騒がしくしないよう炊事をしない風習があります。そのため日持ちのする料理がほとんどです。日持ちするということは、塩分や糖分を大量に使用しているということになります。
また、カリウムやリンを多く含んだ食材が多く、知らず知らずのいちに食べ過ぎてしまっていることがあります。
「正月ぐらい…」と気を抜きがちです。
透析患者様は普段の食事のうち1~2品をおせち料理にかえるなどし、一食すべてをおせち料理で満たさないよう気をつけましょう。




お餅は1つ(50g)でご飯茶碗半量(70g)と同等です。
ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、きなこをかけるとカリウム、醤油をかけると塩分、雑煮にすると水分が摂取過多になってしまいます。お餅は一食2個までとし、調理方法には十分気をつけましょう。

また、クリスマスやお正月は気が緩みがちなので、日頃よりも食事や体重管理には気をつけましょう。








 

≪展示食≫



●ご飯 ●魚の紅葉揚げ

●小松菜の香り和え ●南瓜の洋風煮 ●果物


★魚の紅葉揚げ★


<材料>(2人分)
●材料(2人分)
・まだい       2切れ
・酒(下処理用) 小さじ2/3
・薄口醤油    小さじ2/3
・人参         20g
・てんぷら粉      12g
・卵         1/5個
・油          12g
Ⓐ濃口醤油     大さじ1
Ⓐ酒       小さじ2/3
Ⓐみりん     小さじ2/3
Ⓐ砂糖      小さじ2/3
  
・トマト        40g
・パセリ        0.5g

<作り方>
① 魚に酒をかけ臭みをとる。臭みがとれたらキッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。
② 人参はみじん切りにし、薄口醤油、てんぷら粉、卵を合わせる。
③ ②に魚を通し、油で揚げる。
④ A の調味料を加熱しソースを作る。
⑤ ③の魚を皿に盛り④のソースをのせ、くし形に切ったトマトとパセリを添える。




【1人分の栄養価】


エネルギー:229kcal
たんぱく質:16.2g
カリウム :451mg
リン:205mg
食塩 :1.0g
水分:68.9g












 

★小松菜の香り和え★


<材料>(2人分)
・小松菜          40g
・えのき         40g
・人参           20g
・めんつゆ     大さじ2強
・ごま油      小さじ1/4

<作り方>
① 食材はそれぞれ下茹でし小松菜とえのきは3㎝幅に、人参は3㎝幅の千切りにする。
② ①の食材を合わせたらめんつゆとごま油を加え、和える。



【1人分の栄養価】


エネルギー:23kcal
たんぱく質:1.4g
カリウム :120mg
リン:40mg
食塩:0.5g
水分 :51.5g












 

★南瓜の洋風煮★


<材料>(2人分)
・ベーコン        10g
・南瓜          80g
・人参          10g
・しめじ         10g
・油         小さじ1
・薄口醤油      小さじ1
・酒        小さじ2/3
・みりん      小さじ2/3
・こしょう        少々
・かつお昆布だし     60g
・グリンピース(冷凍)  10g

<作り方>
① ベーコンは短冊切りにし、茹でこぼす。
② 南瓜は一口大、人参はいちょう切り、しめじは小房にわけそれぞれ茹でこぼす。
③ 鍋に油を入れ、ベーコンを炒めたら②と調味料を入れ、中火で煮る。
④ グリンピースは茹でこぼす。
⑤ ③に火が通り味が染みたら④をいれ皿に盛る。



【1人分の栄養価】


エネルギー:86kcal
たんぱく質:1.9g
カリウム :249mg
リン:49mg
食塩:0.6g
水分 :79.8g


















<1食の合計>


エネルギー:572kcal
たんぱく質:23.0g
カリウム :864mg
リン :345mg
食塩 :2.0g
水分 :290.0g


 



今回は彩りよくバランスのとれた献立です。
お魚のレパートリーがない方は、一度作ってみてください。
カリウムの多い食品を使用するときは必ず茹でこぼしをし、カリウム除去を徹底しましょう。

また、12月22日は「冬至」でした。
冬至といえば南瓜を食べる風習があります。
日頃はカリウムを多く含んでいる南瓜はあまり食べないようにされている方もいらっしゃいますが、こうした行事などで食べる機会を設けるのも良いかもしれませんね。
いつもと違ったメニューを作ってみませんか?

是非、ご家庭で作ってみてください!

  管理栄養士 川井康子・島松千智


医療と介護の連携を実現した安心・安全の理想の住まい。
福岡市博多区銀天町のサービス付き高齢者向け住宅・メディケアホーム南福岡です。
隣接のくまクリニックへの通院透析等、様々な病状に対応可能。

お問い合わせは092-558-6021(メディケアホーム南福岡代表)まで